メニュー

平出章商店について

SDGs

Sustainable Development Goals

HIRAIDEはサスティナブル経営を目指しています。サスティナブル経営とは持続可能な経営のことで元来は顧客の信頼を得て存続し続けるという意味でした。ですが今では地球環境の保護のための活動としてとらえられるようになっています。地球環境が損なわれたら人々の生活を維持することができなくなるためそうならないような活動を社会全体として企業が取り組んでいくべきという考え方に基づいています。

2015年に国連でSDGsが採択され持続可能な開発目標として17の大きな目標が掲げられました。地球規模の大きな目標ですがHIRAIDEとしても何かできることがあるはずだと考え経営に落とし込んでいくべく取り組みを始めました。お菓子の材料問屋として17の目標のうち次の目標に着目しています。

1貧困をなくそう 3すべての人に健康と福祉を 8働きがいも経済成長も 12つくる責任つかう責任 15陸の豊かさも守ろう

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

HIRAIDEの取組み

  • SDGs委員会の発足

    平出章商店では、SDGs活動に取り組むにあたりSDGs委員会を発足しました。SDGs委員会では、まず最初に社内でSDGsに関する知識を深めるために、現状を知ることからスタート。世界環境の今についてを調べています。

    今後はこれをきっかけに、当社が取り組める具体的な活動についての検討を行い、具現化していきます。

    SDGs委員会の発足
  • SDGs委員会発足 1年目の取り組み

    SDGs委員会発足1年目は、「SDGsについて学び、情報発信し、社内への浸透を進めます」をテーマに活動をしました。委員メンバーはSDGs関連の本を読んだり、地球の環境問題などについて調べたりしながら、SDGs通信やホームページ、経営方針発表会の委員会発表などを通じて情報発信してきました。

    そしてSDGsへの理解が深まる中で、すでに以前から会社で行っていたことが持続可能な社会のために役立っていると改めて認識できたこともあります。例えば、太陽光パネル設置やLED電球・エコカーの使用、障がい者施設からの環境にやさしい素材のトイレットペーパーの購入、弊社封筒のベジタブルインクの使用、地元の農産物を使った商品開発などです。

    また、新たに始めたことや進めていることもあります。プラゴミ問題については、焼却処分されていた事業系プラゴミを再生処理に出すようにした他、使い捨てのスプーンの使用を止めたり、クリアファイルのリユースをしたりするようになりました。

    食品ロスについては、宴会では残さず食べることをアナウンスするようにしたり、オイスカ高校様にご協力頂き賞味期限切れ商品を堆肥として有効活用できないか試したりしています。(毎週賞味期限調査を行っていますが、やむを得ず期限が切れてしまったものを有効活用する方法を探っています。)また障がい者支援として、障がい者施設に一部社員の名刺の作成をお願いするようになりました。それからエシカルな商品として、ピュラトスジャパンのカカオトレース製品やサラヤのヤシノミ洗剤、シンギのバイオマスレジ袋などの販売も行っています。

    この1年で徐々にSDGsの意識が社内に浸透し、社員一人一人の行動も環境や人・社会、地域のことを考えたものに少しずつ変わってきているように感じます。

    SDGs委員会発足 1年目の取り組みSDGs委員会発足 1年目の取り組み
  • SDGs通信

    社内への情報共有のため委員会メンバーが交代でSDGsに関する世界の現状や17の目標について調べて発信します。新人の藤田、業務部の御手洗が中心となって頑張っています。第一号は『目標14 海の豊かさを守ろう』をテーマに現状を調べました。今話題となっているマイクロプラスチックもこの目標に絡んできています。

    第二号は『目標15 陸の豊かさを』をテーマに、第三号は『目標12 つくる責任、つかう責任』から食品ロスについてを調べています。第四号は『当社の取り扱いメーカーの取り組みでもあるカカオについてとエシカル消費』についてです。

    SDGs通信 | バックナンバー

    SDGs通信

具体的なSDGs活動

  • 知る

    浜松いわた信用金庫
    竹内様の講演会
    HIRAIDEは全社員参加のミーティングが年に2回あります。その中で浜松いわた信用金庫SDGs推進部SDGs企画課の竹内課長に『SDGsとは?企業が取り組むSDGsについて』をテーマに講演をしていただきました。セミナーを通じて感じたことはSDGsとは正解がわかりにくく、もしくはないかもしれないものだが未来の地球やこどもたちの幸せのために全員が取り組まなくてはならないものだということです。セミナーを受講した後は社員一人一人が個人的に取り組めることやHIRAIDEとして取り組むべきことについて話合いをしました。
    SDGs通信の発行
    社内への情報共有のため委員会メンバーが交代でSDGsに関する世界の現状や17の目標について調べて発信します。
  • できることから取り組む

    ボルネオ保全トラスト・
    ジャパンの賛助会員に
    なりました。
    かつては豊かな熱帯雨林を有したボルネオもここ50年の大規模な伐採で大きく様変わりをしてしまいました。生物は搾取されすみかを奪われ貴重なボルネオだけの固有種を含むたくさんの生物が絶滅危惧種に指定されています。そんなボルネオの熱帯雨林だった土地を買い戻し野生動物が行き来できる『緑の回廊』を回復させる活動などを行っているNPO法人wボルネオ保全トラスト・ジャパンの法人賛助会員になりました。
    食品ロスを減らす
    当社は食材を扱う商社として以前から賞味期限チェックを行っています。全社員が毎週倉庫にある全商品の賞味期限をチェックしています。賞味期限が迫ってきている商品を絶対に廃棄処分させないよう全員で確認作業をしています。今まで長い年数行ってきた作業ですがこれもSDGsにつながる行動だったと分かりました。また食材をアピールするための試食品やサンプルも有効に使用する意識を高めています。そして会社の宴会では出された料理を残さず全部食べるよう司会者からのアナウンスが入るようになりました。これもSDGsの取り組みといえるのではないでしょうか。
    社内ゴミの分別
    以前から燃えるゴミ、プラスチック、古紙、ダンボールなどに分別してゴミを処分していました。しかしよく調べるとプラスチックごみは結局もえるゴミと一緒にして回収され焼却されていることがわかりました。HIRAIDEとしては回収費用が多少上がってもプラスチックごみをリサイクルされるようにする方針です。ゴミ問題はまだまだ奥が深く、一人一人ができるゴミ対策については今後も勉強していかなくてはならない問題だと感じています。
  • 特徴を生かした
    取り組みを
    考える

    HIRAIDE FOODS FAIR
    2019での
    SDGsコーナー
    設置
    2019年8月末に開催した冬向けの展示会に特設ブースを設置してSDGsを案内しました。地球を取り巻く現状をお客様にお伝えして、展示会出展メーカーさんと協力して環境にやさしい商材を目標に沿ってご案内しました。これをきっかけに意識をしようとしてくれるお客様もたくさんいらっしゃいました。
    農産物加工
    レモンやブルーベリーなど地元でとれる質のいい農産品なのに、形状などの理由で出荷できていないものが多くて近年農業生産者さんたちが困っているという状況を知りました。なんとかそれらを加工して流通させたいが加工業者も人手も販売先も見つからなくて困っているということなのです。付加価値の高い地元フルーツを私たちがお菓子屋さんに紹介することで食品ロスを減らすことにもつながり、閑散期の加工事業者さんにもメリットのある取り組みとなりました。
    浜松レモン
    ブームと言ってもいいほど多くの関連商品が出ている国産レモン。実は浜松でも数件の生産者が栽培しています。系統出荷はほとんどせず独自ルートでの供給が主なため市場にはなかなか出回ることはないですが生産者ごとに減退とその加工品を出荷しています。
    浜松レモンを使用した製菓材料「浜松レモン4ミリ各ミンス」は、浜松市北区のスズキ果物農園さんをはじめ、浜松市内で生産される無農薬栽培レモンの皮を使用。レモンの豊かな香りとしっかりとした食感が特徴のミンスで、焼き菓子やパン、ゼリーなどにお使いいただけます。本商品は以前からあるのですが原料調達、加工に新たな工夫を施すことで生産者さん、加工事業所さんにもメリットのある取り組みとなりました。