スタッフブログ

004社内商品勉強会

スローカロリープロジェクト

先日、三井製糖さんによる パラチノース の商品プレゼンがありました。

写真 2017-05-31 16 18 35.jpg

パラチノースとは、砂糖を原料にした、機能性を持つ甘味料です。

その機能性とは

・甘味度   砂糖の45%
・吸湿性   非常に低い(泣きにくい)
・加熱着色  焼き色がつきやすい(焼きむらがつきにくい)
・褐変抑制  フルーツの変色を抑えられる

などなどいろいろあります。(トレハに似た性質も多いです)

そして、何より注目されている点はこちら




・吸収されるスピードがとてもゆっくり!!




それによって、何が良いのかというと

①食後の急激な血糖値の上昇抑制
②血圧改善
③内臓脂肪がつきにくい
④集中力持続
⑤肝機能改善
⑥満腹感持続
⑦運動による脂肪燃焼維持

などなど、様々な健康機能が明らかになっています。

さらに驚きなことは、パラチノースを使用することで、一緒に摂取する他の糖質の血糖値も抑えられること。

つまり、砂糖の30%をパラチノースに置き換えれば(目安です)、食べても血糖値が上がりづらいスイーツが作れるということです。



三井製糖さんでは、これを『スローカロリープロジェクト』と名づけて広めています。


スローカロリープロジェクトとは http://www.slowcalorie.com/

スローカロリープロジェクト

この、スローカロリーの基準を満たしている商品には、ロゴマークを使用することができます。

写真 2017-05-31 16 31 00.jpg
写真 2017-05-31 16 31 32.jpg
写真 2017-05-31 17 32 40.jpg
写真 2017-05-31 17 32 46.jpg


血糖値コントロールの方法として、もちろん低糖質がありますが、一番おいしい甘味はどうしても砂糖です。

砂糖と併用できて、砂糖由来なので砂糖と同種の味になるのはおそらくエリスリトールだけだと思います。

血糖値コントロールについての勉強をして、お客様によい提案ができるように取り組んで行こうと思います。
2017/06/05 10:39:34 | コメント(0)

小麦粉にこだわる

先日、日本製粉さんによる小麦粉の勉強会を行いました。

写真 2015-03-04 17 11 48.jpg

みなさんは、小麦粉にこだわったことはありますか?

私の認識では、ほとんどのお菓子屋さんは日清製粉のバイオレット、もしくはスーパーバイオレットをお使いだと思います。

理由は、「修業時代からずっと使っていたから」。

最近、小麦粉にこだわるシェフが増えてきています。

先日、柴田書店から出た「粉がお菓子をおいしくする」という本では、フランス菓子には中力粉がいいと書いてありました。

きっちりアンビベするには、生地に強さが必要とのこと。


一方で、日本のスポンジケーキで追求されるのは『口解けのよさ』です。

だから、こだわっているシェフは、スーパーバイオレットを使用しています。


今回紹介のあった日本製粉の小麦粉はこちら

写真 2015-03-06 19 14 58.jpg

『シリウス』 灰分0.36 たん白6.1

スーパーバイオレット対抗品です。

浮きが抜群によく、きめが細かい。

軽すぎるくらい軽い仕上がりになり、口解けは最高です。

しかも、北海道産小麦100%。


写真 2015-03-06 19 15 15.jpg

『モントレ』 灰分0.38 たん白8.2

(特)宝笠対抗品です。

ボディはしっかりしていて、カットするときに凹まないくらいの弾力がありながら、

食べるとすっきりとした口解けです。

カステラはもちろん、ロールケーキにすごく合う粉だと思います。


写真 2015-03-06 19 16 12.jpg

『アンシャンテ』 灰分0.36 たん白8.0

この粉の最大の特徴は『混ざりやすさ!』

特殊な技術による「粉の分散性」により、卵の気泡をつぶさないスムースな混ざりやすさを実現しました。

混ぜるスタッフによって出来上がりが変わってしまうなんて悩みをお持ちのお店にはためしてみる価値があると思います。


写真 2015-03-06 19 16 31.jpg

『アフィナージュ』 灰分0.38 たん白8.2

小麦の部位と熟成にこだわっています。

熟成することによって、旨みがかわってくるのはもちろんのこと、

グルテンの形成が抑えられ、混ぜても粘りが出てきづらくなっています。

パウンドはよりソフトに、サブレはさっくりとした食感に仕上がります。

写真 2015-03-04 16 46 31.jpg

こんな感じで食べ比べ。

ごめんなさい、どれがどれか忘れてしまいましたが、同じ作り方でもきめの細かさなどかなり違いが出ることは分かると思います。


小麦粉の製造技術も確実に進化していますね。

お店の顔となる、ショートケーキやロールケーキ。

今よりももっと口解けがよくなるような粉に変えてみませんか?


サンプルも出せますので、興味のある方は是非担当営業まで!!
2015/03/06 19:20:14 | コメント(74)

パウンドケーキの勉強

先週末、土曜日の休日を利用した社内勉強会を行いました。

主催は社内委員会の「自己研鑽委員会」

テーマは「パウンドケーキ ~バターとコンパウンドマーガリンの違い~」です。

CIMG2570.jpg

使用したのは、(森永)無塩バター と (不二製油)ブリザードエクレセントピュアレ。

ブリザードエクセレントピュアレは不二製油のコンパウンドの中でも、特にバター代替用として開発されたものです。

CIMG2638.jpg

講師は、業務部の鈴木利夫係長。

数日前に、きっちり試作をして臨んでくれました。

CIMG2607.jpg

技術レベルは人それぞれで

CIMG2604.jpg

きれいに仕事をできる人もいれば

CIMG2606.jpg

何でこうなっちゃうんだろうって人まで・・・

でも一生懸命やってくれました。

CIMG2645.jpg

粉をこぼしたり、分離したりいろいろありましたが、一応完成。

作りたてを試食しましたが、やっぱりバターの方がおいしいですね。

ただし、実際に作りたてをお客さんが食べることはありません。

実際にお店に出して、消費者が買って食べるであろう頃にどちらのほうがおいしいのか。

そこが大事なところだと思います。

もちろん作業性はコンパウンドマーガリンに軍配。

バター不足はおそらくしばらく続く問題です。

両者の特徴をよく知って、うまく使い分けていく必要があると思います。
2015/03/02 11:42:54 | コメント(1)

サラヤ 手洗い勉強会

先日、サラヤ㈱さんによる手洗い勉強会を弊社営業マン向けに行っていただきました。

 

手洗いは、誰もが行っていることではありますが、意外としっかり洗えていないのが現状です。

それを確認できるものがコチラ!

手洗いチェッカーです。

写真 2014-03-05 16 48 27.jpg

これは蛍光塗料入りのハンドクリーム。

これを手にまんべんなく塗った後、普段通り手を洗います。

その後、ブラックライトを当てると洗い残しの箇所が光るという仕組みです。

写真 2014-03-05 16 48 41.jpg

実際、参加した営業マンがためしてみました。

結果はこんな感じです。

写真 2014-03-05 16 50 56.jpg

写真 2014-03-05 16 50 58.jpg

特に指の先が洗えていないことが、非常によくわかりました。

その後、手の正しい洗い方を丁寧に教えていただきました。

写真 2014-03-05 16 54 32.jpg

食中毒を防ぐには、アルコールや次亜塩素酸などいろいろありますが、

やはり一番大事なこと、それは『こまめな手洗い』です。

是非、普段の手洗いの仕方を見直してみて下さい。

2014/03/20 12:52:39 | コメント(65)

福重様による パッケージ勉強会を行いました。

 

展示会に向けて、福重さんによるパッケージの勉強会を行いました♪

勉強会④__.jpg

最近では特にお菓子の魅せ方、売り方が重要視されています。

展示会では、パッケージアイテムを多数展示致しますので、会場にお越しの際は、

是非とも福重さんのブースへお立ちより下さい!

お待ちしております♪

 

2013/08/23 17:15:00 | コメント(0)

 ㈱和気 様のクリスマスデコ・ギフト函の商品の勉強会を行いました!

 9月4・5日のHIRAIDE FOODS FAIR 2013に向けて、クリスマスデコ・ギフト函の商品勉強会を行いました。

勉強会③__.jpg

今年もデコ函の新デザインに加え、ギフト函の新商品も増え、お店を華やかにできるアイテムが目白押しです♪

デコ函に関しては、展示会受注特価特典も行っております。

この機会を是非お見逃しなく!

展示会場にてお待ちしております♪

勉強会②_.jpg 

2013/08/22 09:18:34 | コメント(0)

大雪原45、35が新しくなります!

常務の平出です。

今日は、森永乳業さんによる生クリームの説明会でした。

写真 13-06-26 16 11 21.jpg

大雪原45、35がリニューアルされます。

どこが変わるのかといいますと・・・

①北海道 浦幌での一貫生産

    北海道産100%のクリームを北海道の工場でパックし、安定した品質でお届けします

②脂肪球にやさしい 2段階均質製法

    できる限り乳の脂肪球に負担をかけないような新製法を取り入れ、乳味が強く、スッときれる風味になります

 

詳しい説明は、また担当営業マンからさせていただきます。

写真 13-06-26 16 14 37.jpg

試食の感想は・・・

うたい文句通り、かなりすっきりしています。

今までの大雪とは大分ちがいますね。

35より45のほうが、その特徴がでているようです。

 

注意点は、ホイップ時間が長くなることと、エンドポイントが短くなること。

でもそのおかげで、ブレンドクリーム適正は増すようです。

 

新しくなった、大雪原45、大雪原35 よろしくお願いします!

2013/06/26 19:52:06 | コメント(2)

伊藤景パック勉強会~クグロフ~

常務の平出です。

先日、伊藤景パック産業㈱さんによるクグロフの勉強会がありました。

写真 13-02-13 16 28 07.jpg

(↑マスクは、風邪予防です!決して不健康な会社ではありませんのでご安心を)

以前もブログでクグロフを紹介しましたが(こちら参照)、やはりブームがきているようです。

今回は、伊藤景パック 新IFトレー クグロフを使用したものをいろいろご紹介いただきました。

 

実際焼くと、お菓子の生地によっては上の部分がはがれてしまうものもあるようです。

そんな場合は、チョコレートをかけてもらえればきれいに仕上がります。

写真 13-02-13 16 31 53.jpg

袋に入れるとこんな感じ。

写真 13-02-13 16 38 12.jpg

ペットのケースと金のトレーを使えば、こんな感じで立派なギフトになります。

写真 13-02-13 16 51 56.jpg

 

春らしいパンも作ってきてくれました。

クグロフを逆さに置くと、花のような見た目になり、それも新鮮な形になります。

写真 13-02-13 16 30 33.jpg

 

この新IFトレークグロフ、順調に注文をいただけるようになり、弊社で在庫を始めました。

10個単位で出荷可能となりましたので、気軽に商品化できると思います。

是非1度ご利用ください!

2013/02/15 08:46:57 | コメント(2)

伊藤景パック産業勉強会

常務の平出です。

昨日は、伊藤景パック産業さんの勉強会でした。

写真 12-11-14 16 59 19.jpg

主な内容は、今注目のTXトレーです。

先日も、ブログでご紹介しましたが、また新たな採用事例を持ってきて頂きました。

 

写真 12-11-14 16 57 41.jpg

写真 12-11-14 16 57 12.jpg

スカイツリー限定のモロゾフさんのチーズケーキ(1,050円)です。

大変人気で、午前中で売り切れてしまうとのこと。

TXトレーの利便性は、焼いて、フタをすれば、そのまま商品になること。

そして、こんな印刷の箱に入れれば、きっちりとしたギフトになります。

 

ちなみに、伊藤景パックさんの既成の箱に入れるとこんな感じ。

写真 12-11-14 17 14 27.jpg

こちらは、下に保冷剤が入ります!

今後売れそうな予感がする商品です。

 

2012/11/15 08:08:19 | コメント(0)

日油 新製品勉強会

常務の平出です。

昨日、日油株式会社さんによる新製品のプレゼンテーションがありました。

2012-09-26 16.10.15.jpg

日油といえばマーガリン。

バター不足の中、バターに変わるマーガリンのご提案をいろいろいただきました。

こだわってバターしか使用されないお菓子屋さん、パン屋さんもいらっしゃいますが、

マーガリンにはマーガリンにしかない機能があり、追求してみると非常に優れている商品もあります。

今回紹介のあった中で、『ブレディMA』という商品があります。

機能としては、

①歯切れ、口溶けの向上

②レンジアップによる状態、食感の変化を抑制

③乾燥による食感の変化を抑制

④ドーナツの油っぽさを軽減

それプラス、従来のマーガリンの持つソフトさの維持、酸化の抑制、作業効率の良さなどもあります。

実際いろいろな試食を用意していただき、食べ比べてその違いを実感しました。

2012-09-26 16.10.38.jpg

もちろん、お店によって必要な機能、必要ない機能があると思います。

ただ、実際売られているものを消費者が買っていただいた後、どんなふうに持ち帰るのか、

そしてどんな状況で召し上がるのか、その時においしい状態をいかに作り出せるかを考えていくべきだと思います。

最近の新商品はほとんどが低トランス酸対応ですので、健康面でも心配は減っています。

 

10月号のガトー誌にもマーガリンが特集されています。

興味のある方は読んでみて下さい!

2012/09/27 11:16:11 | コメント(62)

アスター POSレジ勉強会

常務の平出です。

8月は毎週展示会の為の会議&出展メーカーの商品説明会があります。

今回は、アスターさんに洋菓子店専用POSレジをご紹介いただきました。

2012-08-08 17.02.39.jpg

POSレジの機能から売上管理、顧客管理、製造管理に至るまで、色々勉強させていただきました。

実績としては、5000万以上の売り上げのあるお店、

もしくはそのくらい売る計画の新規店が採用しているそうです。

リース料はだいたい25000円/月くらい。

これが高いか安いかは、活用の仕方次第だと思います。

展示会に向けてもう少し勉強して、お客様にご提案したいと思います。

2012/08/10 18:32:32 | コメント(2)

氷砂糖の効果!

常務の平出です。

先日訪問した、中日本氷糖さんの氷砂糖を使用して味比べをしてみました。

①森永のクリームにグラニュー糖を7%加えて立てたもの

②森永のクリームに氷砂糖(細かいタイプ)を7%加えて立てたもの

写真 12-08-08 10 45 09.jpg

営業マン全員で味比べをしたのですが・・・

全員が目隠しテストでわかるくらい、かなりの違いがでました!

 

氷砂糖を使用したものは、とにかく甘味がすっきりしています。

甘味のレベルは感じ方は人それぞれでしたが、質は歴然でした。

グラニュー糖を使用したもののほうが、知っている砂糖の甘さなのでなじみのある味ですが、

他店と差をつけるには、氷砂糖を使ってみても面白いのではないでしょうか!

是非一度試していただけると、わかっていただけると思います。

 

 

 

2012/08/08 10:54:09 | コメント(67)

九鬼 ごまプードル?

常務の平出です。

昨日、『九鬼産業㈱』様によるごま製品の勉強会を社内向けに行っていただきました。

2012-07-18 17.00.27.jpg

主には『ごまペースト』と『練りゴマミンチ(通称ゴマプードル)』です。

ごまペーストは九鬼さんがシェアナンバー1!

白ゴマペーストだけでも、10種類以上あります。

価格は安くはありませんが、品質的にはかなり優れていて、ブランド力もあります。

2012-07-18 17.42.25.jpg

そして、これが練りゴマミンチ(ごまプードル)です。

今まであった『すり胡麻』と『ごまペースト』の間というイメージですが、

すり胡麻の豊潤な香りとごまペーストの濃厚な味を合わせ持ったような商品です。

そして、アーモンドプードルにそのまま置き換えてお菓子が作れます。

 2012-07-18 17.42.05.jpg

白餡に1割のごま製品を混ぜたものを数種類試食しました。

すり胡麻を入れたものは、食べる前の香りや食感はあるけど、口の中での味はあまりない。

ごまペーストを入れたものは、香りは少なく、味は強いけれども少し中華っぽい味。

そして、練りゴマミンチは、香りもあって、味も強く、それであって和風というか中華っぽくない。

もちろん人によって好みはあるとは思いますが、練り胡麻ミンチの特徴がよく分かりました。

その練り胡麻ミンチを使っていろいろなお菓子提案をいただきました。

 

2012-07-18 17.48.07.jpg

こちらが、胡麻のダックワーズ。アーモンドプードルをそのまま練りゴマミンチに置き換えています。

 

2012-07-18 17.44.03.jpg

これは、胡麻の生チョコ。和洋折衷の面白いお菓子です。

 

2012-07-18 17.56.22.jpg

こちらが、ごまのパウンドケーキ。

なんと、バター等の油脂を一切使わずにごまの油脂分だけで作られています。

それでも、十分すぎるくらいしっとりとして、とても濃厚なお菓子です。

 

こんな感じで、和洋折衷の今までにないようなお菓子ができます。

非常に面白い、いい素材だと感じました。 

 

2012/07/19 07:56:01 | コメント(2)